農的くらしのレッスン・事務局便り

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< レッスンレポート更新 | main | ある日の風景 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
農的くらしのレッスン2007/夏季スペシャル・受講案内

■テーマ;あたらしき庭(シリーズ“庭”第2回)

ひと広がりの庭は暮らしの拠り所。
庭はそこに立つ人に委ねられた地球の、宇宙の一部。
庭からはたくさんのことを学ぶことができる。
自然、いのち、それに連なる暮らしの原理などというものを。
庭はさまざまな関係の工場。
庭は壮大なおもちゃ。

庭は今、わたしたちの廻りから姿を消しつつある。
わたしたちは暮らしの拠点を、学校を失いつつある。

庭を取り返そう。
新しい庭を探しに行こう。



人間にとって、地球にとって、「庭」とは何であったか何でありうるのかを考えながら体を動かしてみます。
農、環境、生き物、そして人の暮らしの歴史と未来に関心のある方、どうぞご参加下さい。

■日程・メニュー

8月17日(金)
10:00〜開始・オリエンテーション
10:20〜講義A;「庭の植物相」原拓史(植物学・昆虫学)
13:00〜ワークショップ;「庭の仮小屋・ツリーハウス制作・1」
18:00 終了予定
19:00〜交流会;庭に関する情報交換

8月18日(土)
10:00〜講義B;「庭研究」農的くらしのレッスン研究生による発表&ディスカッション
13:00〜ワークショップ;「庭の仮小屋・ツリーハウス制作・2」
18:00 終了予定
19:00〜交流会;庭に関する映像を観る

8月19日(日)
10:00〜講義C;「基礎庭学」明峯哲夫(農業生物学研究室、庭協会準備室)
13:00〜ワークショップ;「庭の仮小屋・ツリーハウス制作・3」
17:00〜講座のまとめ・「庭協会」について・閉会
18:00 終了予定

※メニューは天候等の理由により変更を余儀なくされる場合があります。申し込みをされる際にはご確認願います。

■募集期間など

◎8月1日(水)〜8月15日 (水)
◎全日程を通した参加を原則としますが、講義A,B,Cは個別に、 ワークショップ(3日間かかります)はそれのみでの参加も可能 です。
◎申し込まれる方は、参加のスタイル(通し、個別選択)をご判断ください。氏名、連絡先住所、電話番号(ファクス番号、メールアドレス、 男女別、年令については差し支えない範囲で)お知らせください。
◎募集定員;15人。

■参加費用

◎全講座通し(3日間分);
 一般¥12.000、若者¥6.000、農的くらしのレッスン受講生¥6.000
◎講義A,B,C個別(各々);
 一般¥2.000、若者¥1.000、農的くらしのレッスン受講生¥1.000
◎ワークショップのみ(3日間分);
一般¥6.000、若者¥3.000、農的くらしのレッスン受講生¥3.000

※参加日にお支払いください。資料・材料費を含んでいます。
※交流会に参加費は必要ありません。飲食自前での任意参加とします。

■ほか

◎持参していただくものはお弁当、筆記用具、虫対策携行品(講義 Aは林に入ります)などです。ワークショップに参加される方はその他に汚れてもかまわない服装、 靴、手袋、帽子等の用意が必要です。
◎通いを基本としますが、会場・トンネル山でのキャンプが可能です。
◎主催者は安全には十分に配慮するつもりですが、障害保険等の設定はしておりません。無理のない行動をお願いします。

■申込先・主催・会場

NPOあおいとり・農的くらしのレッスン運営事務局
札幌市西区小別沢33(トンネル山)〒063-0011
電話;011-664-5148、ファクス;011-664-5323
e-mail; gardensociety@mac.com
http://homepage.mac.com/onnn/Aoitori/Lesson_Home.html

運営協力;庭工作隊、やぎや
| rui | 農的くらしのレッスン・2007 | 14:35 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:35 | - | - |