農的くらしのレッスン・事務局便り

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 9/12 座学・農的植物学入門「セリ科の仲間たち」 | main | ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
終わりは始まり



北海道では農作業の季節が終わりを迎えます。農作業では単調に繰り返される作業が多いですが、それらを独りで取り組む時、私は創造的になります。存在しない幾つかのパンクバンドの名前が思いつきます。ユニークな落書きのアイデアも生まれます。反体制的なメッセージなども思いつきます。

様々な農作業の中で私は堆肥作りが好きです。糞尿にまみれてしまう為に、多くの人がそれを嫌います。しかし、私は良い堆肥作りが良い野菜作りに直結していると理解しているのです。

ジョナサンより


A season of the farming greets the end in Hokkaido. There is much work that I am monotonous by the farming, and is repeated, but I become creative when I am alone and wrestle in them. It occurs to the name of some punk bands which there is not. The idea of a unique graffiti is born. I hit on the messages of the anti-system.

In various farming, I like the making of compost. Many people avoid it to be covered with feces and urine. However, I understand it when the making of good compost is connected directly with the making of good vegetables.

from Jonathan

(以上、機械翻訳…)





| rui | 庭しごと | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:28 | - | - |